日々のコラージュ、スクラップノート


by my_poppy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ジョニーさんあれこれ。

佐平次さんのお話によれば、『パイレーツ・カリビアン・Ⅲ』はあまり出来がよくなかったそう。
Ⅱで既に予兆はありました。。登場人物(?)たちが、妙にファンタジック×グロテスクになってしまって、わざとらしいよね。
1作目の新鮮な驚きや楽しさは続かないものなのね。残念。

1作目は大好きです。オープニングの静かで不気味な場面に感動し、娘たちとくっつきあって(ガタガタブルブル?最初だけ。笑)一生懸命に観ました。
霧の中に浮かび上がる、不吉な黒い船がゆっくりと近づいてくる…。
一転、その後美しく成長したヒロインと恋人との冒険活劇は、美しすぎる海、空、砂浜を背景に鮮やかに展開して、もうワックワクものでした。
また、夜の不気味な美しさ。月光を浴びると、それまで人間の形をしていたものが!!怖いよ~♪

ジョニー・デップって、私好きなんです。
大好きではないけれど、出ている映画は好き。

『シザー・ハンズ』
この顔は好きではないけれど、まあ仕方ないです。
ウィノナ・ライダーがこの頃はまだ金髪・ロングで平凡。でも物凄く綺麗。

『ドン・ファン』
よくわからなかったです・・・。何となく、ハッピーな気持ちにはなれたかな。

『ギルバート・グレイプ』
地味な役柄だけれど、素敵でした。
長くなってしまうから書けないけれど、心に残っている場面がいくつもあります。
私にとって大切な映画になりました。
私も良い人間に、なりたいです。

『耳に残るは君の歌声』
女優たち(クリスティーナ・リッチやケイト・ブランシェット)がとても魅力的で。
彼の役柄は、「ショコラ」でのによく似ている。
情熱を秘めて、愛する女性を見つめ続けるジョニーさんは素敵だ。

『スリーピー・ホロウ』
モノクロ?とも思える画像に、浮かび上がる鮮やかな血の色。。(だっけ?)
怖くて、おどろおどろしくて、きれいで。
不思議なおとぎ話。ヒロインの一途さが可愛かった。

『ショコラ』
ジュリエット・ビノシュが美しい。
他人と「違う」とき、それを貫く勇気が持てる?

『フロム・ヘル』
残虐な場面が多くて観るのが辛かったけれど、やはり観てよかったと思いました。
切り裂きジャックの時代の英国の、暗黒さにぞっとします。
救いになるのが、人の心の美しさかな・・・。
悲恋なのが良い。
ロボトミーとはあまりにも非人間的で、気持ちが悪くなりました。

『ネバーランド』
チョコレート工場で共演した男の子だね。^^

『チャーリーとチョコレート工場』
これ、好き好き♪映像も、登場人物たちも、音楽も、面白い~~。

『ティム・バートンのコープスブライド』
これは声の出演なので、ジョニーさんだって事は、まったく印象にないのですが。。^^;
この映画(ストップモーションアニメ)は、とても好きなんです。
誇りを持って、人には優しいヒロインに憧れます。
優雅な動きにうっとり・・・。

どんなに辛くくやしい場面にあっても、自分を見失わないでいられて、他人を愛することができる女性って魅力的です。
話は脱線しますが、
『プライドと偏見』のキーラ・ナイトレイが、それを好演していました。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』のヒロイン役も可愛かったけど、
先日観た『ラブ・アクチュアリー』にもちょっと出ていました。
この映画、楽しかったです。
音楽が懐かしくて楽しくて、サントラも買いました
冒頭、お葬式の場面で、BGMがベイシティローラーズ(!)

映画って、一つ観ると、あれもこれも観たくなる。
本当に素敵なものですね。



by my_poppy | 2007-08-02 00:33 | 映画・音楽・本

カテゴリ

旅とお散歩
映画・音楽・本
草花、木
犬や猫
料理・器
カメラ
その他
文具
DIYやハンドメイドみたいなこと

タグ

以前の記事

2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
more...

その他のジャンル

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧